how to create a web page for free

QoA Affinity

キューオーエー アフィニティ
QoAカスタム チタニウムコートPENダイアフラム 1ダイナミックドライバ
独自のD.L.R.Cシステムを搭載

Affinity アフィニティ
Affinity アフィニティ 飯塚麻結

QoA Affinity(アフィニティ)のご予約・ご購入はこちらから
ヨドバシカメラ様
ビックカメラ様
eイヤホン様
フジヤエービック様
ジョーシンWeb様

Affinity 公式アンバサダー 飯塚麻結

QoAから独自技術D.L.R.Cを搭載したチタンコートPENダイアフラム1ダイナミックドライバを採用した、Affinity(アフィニティ)がリリースされます。
Affinityの製品公式アンバサダーは、声優でもあり、DIALOGUE+のメンバー・アーティストでもある飯塚麻結さんから、
QoA Affinityについてインタビューいただきました。歌手でもあり声優でもある、飯塚麻結さんのプロとしてのご感想をご覧ください。

飯塚麻結 公式ブログ https://ameblo.jp/kyomo-mayutto/
飯塚麻結 公式Twitter https://twitter.com/iizuka_mayu  

カクテルの文化

Cocktail Cluture


「Affnity(アフィニティ)」はイギリスを代表するスコッチウイスキー、フランスを代表するドライベルモット、イタリアを代表するスイートベルモットを採用。

3カ国の友好的で平和な交流を象徴するように、1:1:1のバランスのとれた比率です。

社会的な交流においては、パートナーや親戚、友人とのコミュニケーションなしには成り立ちません。
パーティーやちょっとした集まりでは、親密さを増すため「Affinity(アフィニティ)」を選択するのも良いかもしれません。

未来において、Affinity(アフィニティ)は人と人との友好的な交流を象徴し、精神的なやすらぎにも繋がっています。


つまり、現在の世界的な困難に直面したときも、Affinity(アフィニティ)のカクテル名の由来となっている「触れ合いたい」という希望を持ち続け、未来を信じることが大切だとQoAは考えています。

Affinity チューニングコンセプト

Affinity チューニングコンセプト


感情をコントロールすることは感情を抑えるのではなく、感じてそれに立ち向かうことです。

感情が人の体にとどまるのは約6分以内と言われていますが、
それを永遠に心にとどめておきたい場合は別です。
感情を否定したり、言い訳を見つけたり、感情を甘やかしたり、恐れたりすれば、感情はあなたの心に根付きます。
ただ、自分の心の導きに従って魂に橋をかけ、何度も混乱の中を突破してください。
最後には美しい華が咲き誇ります。

Affinity(アフィニティ)の設計時、QoAの認識と理解に基づきQaAエンジニアは、
パートナー、親戚、友人、恋人の間の誠意をストレートで透明な音で表現し、人々に自分の心と向き合う勇気を提供したいと考えて、やすらぎを与えながらも独自のD.L.R.C技術により、
オーディオ機器としての最良のチューニングを施しました。

Affinity サウンドキャラクター

Affinity サウンドキャラクター


1ダイナミックドライバ搭載のインイヤーモニター「Affinity(アフィニティ)」は、普通のイヤホンとは異なります。
スムーズなフルレンジのつながりと低域の質感に加えて、Affinity(アフィニティ)は音の解像感と高域のディクタリティにも注力しました。
チタンコートPENダイアフラムのダイナミックユニットの選択と何十回にも及ぶ数値的・科学的なチューニングの試行により、音の丸みとサウンドステージの広さ(膨らみ)、低音域の素早いトランジェントと高密度といった優れた特徴を独創的に統合するという目的を達成しました。

さらに、QoAでは独自の試行を経て聴感テストと測定器のテストを用いて、ステンレス製のHFアコースティックチューブを適切な密度・長さ・純度のものを独自開発し実装することで、高域の伸びを拡張し、さらなるサウンドステージの拡大しています。
全体的に華やかで透明感のある音楽性豊かなサウンドで広いサウンドステージ(音楽空間)を、聞き疲れしづらいQoAのベースチューニングの元で、体験することができます。  

Affinity キャビティデザイン

Affinity シェルの形状について


多数・多様性・複数人種の実際の耳型のサンプリングを使い、シェルの形状モデルを確立しています。
音響キャビティの形状は、音響構造の要件に沿わせながら、より快適な装着感を実現しています。

正確なDPL3Dプリントプロセスによって作られており、従来の製造技術と比較してDPL3Dプリントの精度は非常に向上しています。
外部及び内部構造(ストラクチャ)はより正確で安定しており、
従来の金型での大量生産では困難だった一貫性を実現しています。


Affinity シェル素材

シェルには軽量なUV樹脂を採用。一般的な樹脂と比較して、耐湿性や耐変形性などの性能が高く、
インイヤーモニターの耐久性や耐用年数を確保することができます。

Affinity ドライバ構成

10mm チタンコートダイアフラム(振動板)ダイナミックドライバ(ユニット)

10mmチタンコートPEN振動板ダイナミックユニットは、軽量で強度の高いPEN素材を採用。
音響に応用することで、音の歪みを効果的に抑えることができます。
また、PEN素材は湿度や温度の安定性にも優れており、様々な複雑な外部環境にも対応します。 チタンコートメッキを施すことで、ドライバの振動板の剛性を高め、高域の応答速度を向上させ、解像感を高め音を透明で自然に奏でます    

Affinity 内部構造

専用D.L.R.C.システムのためのステンレス製HF(high frequency)音響システム

音響分野の技術であるステンレス製HF(high frequency)音響管。
Affinityは独自に研究開発をした D.L.R.Cシステム を Dual Layer Resonance Control の略として命名しました。
D.L.R.Cシステムとは、Dual Layer Resonance Controlの略で大きな特徴としては音の周波数を高める特徴があります。
音が一般的な音響管を通過して音孔と呼ばれるノズル先端部の音が出る穴に到達する際にある程度減衰します。
D.L.R.Cシステムはそれを効果的に回避し、音の減衰を抑えつつ、空間表現力を高め、素材を高純度ステンレスを採用したことにより一般的なダイナミックドライバだけでは到達できなかった美しい高音域を実現し、広いサウンドステージとリアルな音を実現します。


有効寿命5000以上のプラグイン(2ピンメスコネクター)を採用

Affinity(アフィニティ)の2Pinプラグ差し込み部はC5210リン青銅材を採用し、プラグイン性能の要求に応えるため、内部の機械構造を最適化しています。

Affinity 主な仕様

Affinity 主なスペック

モデル名:Affinity(アフィニティ)
インピーダンス:22Ω
感度:99dB
プラグコネクタ:0.78mm 2Pin
プラグタイプ:3.5mm アンバランス
ケーブル長:約1.2m
ドライバ:10mm チタンコートPENダイアフラムダイナミックドライバ
再生周波数帯域:20hZ-20kHZ

Affinity ケーブル

Affiniy ケーブルの仕様 

素材                                           5N銅に銀メッキ (5Nカッパー+シルバープレーテッド)
編組方法                                   8芯 3次元編組 (8 core 3-dimensional braided)
直径                                           1.05mm/コア
Strands                                    24本/コア、合計192本/コア
ケーブルスキン素材              PVC
プラグ                                      3.5mmケーブル、0.78 2pin

Affinity(アフィニティ)は、同様のグレードの他社IEMより遥かに高品質な5N銅に銀メッキを施したケーブルを採用しており、銅線ベースのマイルドで充実した特性はそのままに、中高域の透磁率を高めています。
銅と銀の組み合わせは総合的に素晴らしいリスニング体験をもたらします。
PVC保護被膜は、タッチノイズがなく柔軟で非常に取り回しが良いものを採用しています。 

Affinity イヤチップ
Affinity アクセサリ

Affinity 公式アンバサダー 飯塚麻結

QoAから独自技術D.L.R.Cを搭載したチタンコートPENダイアフラム1ダイナミックドライバを採用した、Affinity(アフィニティ)がリリースされます。
Affinityの製品公式アンバサダーは、声優でもあり、DIALOGUE+のメンバー・アーティストでもある飯塚麻結さんから、
QoA Affinityについてインタビューいただきました。歌手でもあり声優でもある、飯塚麻結さんのプロとしてのご感想をご覧ください。

飯塚麻結 公式ブログ https://ameblo.jp/kyomo-mayutto/
飯塚麻結 公式Twitter https://twitter.com/iizuka_mayu  

QoA Affinity(アフィニティ)

カクテルの文化 Cocktail Cluture

「Affnity(アフィニティ)」はイギリスを代表するスコッチウイスキー、フランスを代表するドライベルモット、イタリアを代表するスイートベルモットを採用。
3カ国の友好的で平和な交流を象徴するように、1:1:1のバランスのとれた比率です。
社会的な交流においては、パートナーや親戚、友人とのコミュニケーションなしには成り立ちません。
パーティーやちょっとした集まりでは、親密さを増すため「Affinity(アフィニティ)」を選択するのも良いかもしれません。
未来において、Affinity(アフィニティ)は人と人との友好的な交流を象徴し、精神的なやすらぎにも繋がっています。
つまり、現在の世界的な困難に直面したときも、Affinity(アフィニティ)のカクテル名の由来となっている「触れ合いたい」という希望を持ち続け、未来を信じることが大切だとQoAは考えています。

Affinity チューニングコンセプト

感情をコントロールすることは感情を抑えるのではなく、感じてそれに立ち向かうことです。 
感情が人の体にとどまるのは約6分以内と言われていますが、
それを永遠に心にとどめておきたい場合は別です。
感情を否定したり、言い訳を見つけたり、感情を甘やかしたり、恐れたりすれば、感情はあなたの心に根付きます。
ただ、自分の心の導きに従って魂に橋をかけ、何度も混乱の中を突破してください。
最後には美しい華が咲き誇ります。 
Affinity(アフィニティ)の設計時、QoAの認識と理解に基づきQaAエンジニアは、
パートナー、親戚、友人、恋人の間の誠意をストレートで透明な音で表現し、人々に自分の心と向き合う勇気を提供したいと考えて、やすらぎを与えながらも独自のD.L.R.C技術により、オーディオ機器としての最良のチューニングを施しました。  

Affinity サウンドキャラクター

1ダイナミックドライバ搭載のインイヤーモニター「Affinity(アフィニティ)」は、普通のイヤホンとは異なります。
スムーズなフルレンジのつながりと低域の質感に加えて、Affinity(アフィニティ)は音の解像感と高域のディクタリティにも注力しました。
チタンコートPENダイアフラムのダイナミックユニットの選択と何十回にも及ぶ数値的・科学的なチューニングの試行により、音の丸みとサウンドステージの広さ(膨らみ)、低音域の素早いトランジェントと高密度といった優れた特徴を独創的に統合するという目的を達成しました。
さらに、QoAでは独自の試行を経て聴感テストと測定器のテストを用いて、ステンレス製のHFアコースティックチューブを適切な密度・長さ・純度のものを独自開発し実装することで、高域の伸びを拡張し、さらなるサウンドステージの拡大しています。
全体的に華やかで透明感のある音楽性豊かなサウンドで広いサウンドステージ(音楽空間)を、聞き疲れしづらいQoAのベースチューニングの元で、体験することができます。  

Affinity シェルの形状について

多数・多様性・複数人種の実際の耳型のサンプリングを使い、シェルの形状モデルを確立しています。
音響キャビティの形状は、音響構造の要件に沿わせながら、より快適な装着感を実現しています。
正確なDPL3Dプリントプロセスによって作られており、従来の製造技術と比較して DPL3Dプリントの精度は非常に向上しています。 
外部及び内部構造(ストラクチャ)はより正確で安定しており、
従来の金型での大量生産では困難だった一貫性を実現しています。

Affinity シェル素材

シェルには軽量なUV樹脂を採用。一般的な樹脂と比較して、耐湿性や耐変形性などの性能が高く、 インイヤーモニターの耐久性や耐用年数を確保することができます。

10mm チタンコートダイアフラム(振動板)ダイナミックドライバ(ユニット)

10mmチタンコートPEN振動板ダイナミックユニットは、軽量で強度の高いPEN素材を採用。 
音響に応用することで、音の歪みを効果的に抑えることができます。
また、PEN素材は湿度や温度の安定性にも優れており、
様々な複雑な外部環境にも対応します。 チタンコートメッキを施すことで、ドライバの振動板の剛性を高め、高域の応答速度を向上させ、解像感を高め音を透明で自然に奏でます    

affinity

専用D.L.R.C.システムのためのステンレス製HF(high frequency)音響システム

音響分野の技術であるステンレス製HF(high frequency)音響管。
Affinityは独自に研究開発をした D.L.R.Cシステム を Dual Layer Resonance Control の略として命名しました。
D.L.R.Cシステムとは、Dual Layer Resonance Controlの略で大きな特徴としては音の周波数を高める特徴があります。
音が一般的な音響管を通過して音孔と呼ばれるノズル先端部の音が出る穴に到達する際にある程度減衰します。
D.L.R.Cシステムはそれを効果的に回避し、音の減衰を抑えつつ、空間表現力を高め、素材を高純度ステンレスを採用したことにより一般的なダイナミックドライバだけでは到達できなかった美しい高音域を実現し、広いサウンドステージとリアルな音を実現します。

有効寿命5000以上のプラグイン(2ピンメスコネクター)を採用

Affinity(アフィニティ)の2Pinプラグ差し込み部はC5210リン青銅材を採用し、プラグイン性能の要求に応えるため、内部の機械構造を最適化しています。

Affiniy ケーブルの仕様

素材 5N銅に銀メッキ (5Nカッパー+シルバープレーテッド)
編組方法 8芯 3次元編組 (8 core 3-dimensional braided)
直径 1.05mm/コア
Strands 24本/コア、合計192本/コア
ケーブルスキン素材 PVC
プラグ 3.5mmケーブル、0.78 2pin
Affinity(アフィニティ)は、同様のグレードの他社IEMより遥かに高品質な5N銅に銀メッキを施したケーブルを採用しており、銅線ベースのマイルドで充実した特性はそのままに、中高域の透磁率を高めています。
銅と銀の組み合わせは総合的に素晴らしいリスニング体験をもたらします。
PVC保護被膜は、タッチノイズがなく柔軟で非常に取り回しが良いものを採用しています。 

Affinity イヤチップ 音響特性の異なる3タイプのイヤチップを同梱

・ボーカル向けイヤチップ S/M/L  
 ボーカルを際立たせ、原音を忠実に再現

・低音重視向けイヤチップ S/M/L  
 低音域を強化し楽しいリスニング体験を提供

・バランスが取れた音響イヤチップ S/M/L  
 3種類のなかで、よりバランスの取れた音響特性を提供

QoAの音作りはウォームで聞き疲れしない音がベースとなっている

製品名はカクテルの名前を採用し美しいイヤホンを目指しているQoAは音作りもマイルドで聞き疲れしにくい、それはこのAffinity(アフィニティ)にも生かされている

QoA Affinity  主なスペック
キューオーエー アフィニティ

ブランド名: QoA Queen of Audio (キューオーエー)
モデル名:Affinity(アフィニティ) 
インピーダンス:22Ω 
感度:99dB 
プラグコネクタ:0.78mm 2Pin 
プラグタイプ:3.5mm アンバランス 
ケーブル長:約1.2m 
ドライバ:10mm チタンコートPENダイアフラムダイナミックドライバ 
再生周波数帯域:20hZ-20kHZ 


ケーブルの主な仕様
素材    5N銅に銀メッキ (5Nカッパー+シルバープレーテッド)
編組方法    8芯 3次元編組 (8 core 3-dimensional braided) 
直径    1.05mm/コア  
Strands    24本/コア、合計192本/コア  
ケーブルスキン素材    PVC  
プラグ    3.5mm
コネクタ
    0.78 2pin  

シェア

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Links

Web SOUNDEARTH
Twitter